大学受験専門塾コミット希望ヶ丘校|河合塾One for school 導入校

文系大学生は本当に暇なのか by 箱石

※コラムのイメージ図を公式キャラクターのぷぷに表現してもらいました(*^-^*)
TikTokでもうすぐ3万人のフォロワー達成のモデル犬ぷぷです。
コミットの公式スタンプ、あれは白熊ではなく、ぷぷです!
この場を借りて補足させていただきます!!
ということで本日は「文系大学生は本当に暇なのか」について箱石先生に書いていただきました。
文系大学生の箱石です。こんにちは!
突然ですが文系大学生にどんなイメージを持っていますか?
「楽そう!暇そう!」みたいなことパッと思いつきませんでしたか?
思った人結構いるんじゃないですかね。
逆に理系大学生について同じこと聞かれたらどうでしょう。
「忙しそう…きつそう…」って思いますよね。
きっと世の中のほとんどの人は文系は「楽」、理系は「大変」だと考えているかと。
では実際のところどうなの?ってことを現役文系大学生の私が素直に感じたことを言います。
結論から言うと「楽というか、楽できてしまう」という場合がほとんどです。
1番手っ取り早くそれが理解できるのは履修についてです。
大学生は自分で好きな授業を履修して単位を取り、卒業必要単位を満たさないといけません。
文系の学生は基本的に自分で履修科目のほとんどを選択できるので、単位取得が簡単と言われる楽単を多く履修できます。

そのため、友達と協力して過去問ゲットして授業はほぼほぼ出ないなんてこともできてしまいます。

しかし、理系の学生のほとんどはそもそも必ず取らなければいけない単位である必修科目がめちゃめちゃ多いです。
そのため、そもそも自分で選べる授業が少なく、授業内容が難しいエグ単が多くなり、容赦なく課題・レポートが沢山でます。
また、学部によっては実験があるのでそこでまた課題が毎週でるのです…
自分の周りの理系大学生は基本的にみんな遅くまで課題やってる子が多いですね。
とまあ、ここまで聞いて「文系最高!」ってなると思うのですが、自分で色々選べるからこそ大学生活どう過ごすかが重要になります
何もせず自堕落な生活してるとあっという間に時は過ぎて何もしないまま卒業、社会人ですし、就活で苦労することとなるでしょう……。
大学生活を楽しく充実したものにできるかは全て自分次第ということです!
暇な時こそ何か新しいことに挑戦したり、資格勉強したり、自分のしたいことをできるのが大学生活!
そこに文系も理系も関係ありません!
楽しい楽しいキャンパスライフに向けて一緒に勉強頑張っていきましょう!!

▼お問い合わせ・ご相談の受付時間

9:00~23:00まで年中無休で対応いたします!

まずはお気軽にお問い合わせください⇩

☎050-3561-5310